大阪でIFRS導入支援、内部統制構築支援、ベンチャー企業のCFO代行については高橋正哉公認会計士事務所へ

公認会計士高橋正哉の

実践ブログ

高橋"志"通信 登録はこちら

CFO候補の採用で失敗したくない
上場予定のベンチャー企業様へ

「CFO候補の採用を迷っている
ベンチャー企業のため」のCFO代行サービス

上場を視野に入れてCFO候補(経理部長、上場準備室長など)を採用の方針であるが「良い人材を採用できるかどうか不安」「人件費に見合った成果が出るか不安」というベンチャー企業のためのサービス

ベンチャー企業で上場を視野に高い人件費を負担してCFO等を採用しようと考えている(雇っている)が、期待通りの成果が得られるか不安(得られない)という話を聞くことがあります。

CFO等の採用にあたっては、コスト面やプロパー社員との給与差に対する問題さらには株式公開後の処遇など、難しい面がたくさんあります。また、人材紹介会社から紹介されるCFO候補はそれぞれ得意分野が異なり、CFO等として必要な資質を網羅的に備えている人と巡り合えることは簡単なことではありません(相応のコスト負担をすれば見つかる可能性はあります)。

株式公開を見据えて将来のCFO候補である公認会計士を上場準備業務のために採用するケースがありますが、公認会計士の大半は監査法人で会計監査の業務に携わっていることから、会計や監査以外のことに関してはあまりノウハウを持っていない方が多く、また、専門家特有の「作業好き」な方が多いというのが率直な感想です。

一方で、ベンチャー経営者がCFO候補である公認会計士に求めているのは「単なる作業」ではなく、経理実務や上場準備実務に留まらないマネジメント能力や様々なバックグラウンドを持ち合わせた人材ではないでしょうか。

ここに大きな「期待ギャップ」が生じます。

採用された公認会計士は就職先で専門家として「質の高い作業」を行う環境を期待しているのに対して、ベンチャー企業の経営者は「単なる作業」に留まらない「経営陣として働き」を期待している場合、両者の間に大きな溝ができるのです。

そのようなベンチャー企業に対して、納得できるCFO等を採用するまでの間、人材採用を失敗するリスクを極力抑え、安価なコストでCFOとしての業務を代行しようというのが本サービスの趣旨です。

CFO代行サービスに、
私、高橋正哉が選ばれる4つの理由。


その他のサービス

会計コンサルティングサービス
非上場企業でも上場企業並みの財務会計制度や管理会計制度の構築を行いたいという企業様に対する会計コンサルティングサービス

M&A関連サービス
企業(事業)の買収あるいは売却をお考えの企業様に対して財務デューデリジェンス・企業価値評価(PPA含む)だけでなく買手あるいは売手の戦略までトータルにサポートするサービス

事業計画作成・検証サービス
ベンチャーキャピタルや金融機関等の資金提供先に提出する事業計画の作成支援及び内容検証のサービス

会計監査対応サービス
会計監査対応に多くの時間を要している、決算早期化の弊害になっている企業様に対して、会計監査の本質的な理解を通して効率化を図るサービス

▲このページ上に戻る

掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

高橋正哉公認会計士事務所
公認会計士・税理士 高橋正哉

Copyright © Takahashi CPA Office All Rights Reserved.

事務所概要 プライバシーポリシー